横浜市港北区米山歯科クリニック 虫歯の予防

虫歯の予防

4つの輪.png
「なぜ虫歯になるの?」の項でもお話ししましたように、虫歯は細菌ホストシュガータイムの四つの要因が相互的に関連しあって発生してきますので、それぞれの虫歯発生要因を極力少なくしてあげればよいわけです。

まず細菌ですが、虫歯に関与する細菌は少数では毒性を持たず、たくさん集まることによって毒性を出し始めるという特性を持っています。したがって虫歯にならないようにするためには、細菌の数を単純に少なくし、凝集できないようにしてあげれば良いわけです。
では、どのようにしてこれを実現するのかということですが、正しいプラークコントロールの実践が何よりも必要不可欠になります。

プラークコントロールというと非常に難しいことのように聞こえますが、簡単にいうと細菌が悪さをすることができないような量になるまで、歯垢染色剤(プラークテスターともいい歯に付着している細菌などを特異的に染め出し、目で確認できるようにするための薬品)などを使用し、本当にプラークが落ちているのかを鏡を見て確認しながら、歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ(フロス)などの機械的清掃用具(機械的に擦り取る方法でプラークを除去するための器具)や、洗口剤などの化学的清掃剤(化学的な力によってプラークを除去するために用いる薬剤)を使用してその量を減らしてあげることをいいます。

また最近では、虫歯や歯周病の原因菌に対して持続的に薬物を応用することにより、お口の中の細菌数を減少させようとする3DS(Dental Drug Delivery System)という方法も確立されつつあります。

次にホストですが、先にもお話ししましたように歯の酸に対する抵抗性を上げてあげればよいわけです。こんなことをいうと「もともと持って生まれてきた自分の歯の抵抗性なんて変えることができるのですか」という声が聞こえてきそうですが、実際には可能なのです。よく耳にする言葉だとは思うのですが、フッ素を歯の表面に塗ってあげることで、それが可能になります。フッ素は、歯の表面に作用してエナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトをフルオロアパタイトという物質に変化させますが、このフルオロアパタイトという物質は構造的にみてハイドロキシアパタイトよりも酸に対する抵抗性が強く、同じ程度の酸性度であれば当然ハイドロキシアパタイトよりも歯が溶けにくくなるために、虫歯が発生しにくくなるのです。
また最近ではフッ素を利用することで再石灰化速度の上昇や、糖代謝阻害や細菌成長抑制が起こるために、虫歯に対する抵抗性が上がるともわかってきております。

さらに最近ではレーザーを用いた虫歯抑制なども行われるようになってまいりました。
この方法はレーザーの強いエネルギーによって歯の表面性状を変化させた上でフッ素イオンを吸着させ、酸に対する抵抗性を上げることにより虫歯予防効果を発現させるのですが、非常に高い効果を期待することができます。

また、もっと身近な方法として日本茶の応用があります。実は日本茶にはフッ素やカテキンという物質が含まれており、この中のカテキンという物質は、ポリフェノール(赤ワインやココアに含まれていて最近非常に健康に良いということで注目されている物質)という物質の一種で、タンニンとも呼ばれているお茶の苦味の成分なのです。非常に強い殺菌力を持ち、虫歯の原因菌の増殖を抑えてくれる働きをしてくれます。
また、当然のことですが日本茶に含まれるフッ素の作用も虫歯の抑制に働いてくれますので、日本茶はダブルの効果で虫歯の発生を抑制してくれる非常に優れたものなのです。

唾液の働き.png
また唾液の量や性状ですが、食事や甘いお菓子などを食べたときに、どれだけ唾液が出やすいのか、唾液による抗菌作用がどれくらい働くのか、細菌が作った酸をどれくらい緩衝(中和)することができるのかなどといったことが重要な要件になります。
すなわち、甘いお菓子を食べた時などに十分な量の唾液が出てくれれば、これらを洗い流してくれますので虫歯になりにくくなります。

また、唾液はその中に抗菌作用を持つ物質を含んでおり、それが多ければ多いほど細菌の活動を抑えることができるので、やはり虫歯になりにくくなります。さらに、唾液には細菌が作り出す酸を中和させる緩衝能というものがありますが、この力が強ければ強いほどやはり虫歯になりにくくなるのです。以上のような理由からも、食事の際にはよく噛んで、より多くの唾液を出すということが非常に大切になるのです。


菓子の齲蝕誘発能による分類.png
次に、シュガーですが、甘いものの代表としてまず頭に思い浮かぶのがお砂糖(正確にはショ糖といいます)でしょう。
このお砂糖が虫歯の原因としてもっとも大きい作用を及ぼすのです。みなさんも知っていることとは思いますが、お砂糖はいろいろな食品に含まれています。たとえばクッキー、チョコレート、飴、ガム、乳製品、ドライフルーツなど、直接的な糖摂取となるようなものを数えればきりがありません。

通常のご飯やパンなどの食事は単糖の集合体である多糖類といわれるものでできており、これらは細菌によってすぐには分解されにくいのです。

しかし、クッキーやあめ、ジュースなどでは、その成分中に直接単糖や二糖類などの糖を含んでいるために、摂取後すぐに分解され酸を産生し始めますので、このような食品を摂取した場合(直接的糖摂取という)には、とても虫歯の原因になりやすいのです。
また、同じ甘い食品でも、お口の中で停滞する時間の長いもの(たとえば飴、ガムなど)や粘着性の高いもの(たとえばドライフルーツ、クッキー、ソフトキャンディーなど)などは非常に虫歯を作りやすいので注意が必要です。

この他にも、果物などに含まれる果糖や、牛乳などの乳製品に含まれる乳糖、蜂蜜などに含まれるブドウ糖、水飴などに含まれる麦芽糖などもすべて虫歯の原因になってしまいます。これらに対して、代替甘味料として用いられてきましたキシリトールやソルビトール、エリストール、マルチトール(還元麦芽糖)といった糖アルコール類は虫歯の原因には一切ならないのです。
また、この中のキシリトールという甘味料は、虫歯の原因にならないばかりか、長期間服用することにより虫歯の発生を抑制するという特徴を有しているのです。

これは、虫歯の原因菌というのは酸性下の環境において非常に活発に増殖するのに対して、キシリトールを食べていると、お口の中のpHが低下しないために、虫歯の原因菌が活発に活動できなくなってしまうとともに、虫歯の原因菌がキシリトール耐性菌というものに変化し、粘着性のプラークを作らなくなるためなのです。
ただし、これも「キシリトール含有」だけでは意味がなく、使われている甘味料の100%がキシリトールであり、その他の甘味料をいっさい使っていないというものでなければ何にもなりませんし、最低2週間以上、毎日食後にキシリトールガムを食べ続けなければなりません。


参考までにキシリトールについての誤解を生じさせないためにも、もう少し詳しく説明しておきたいと思います。

キシリトールだけが他の糖アルコールに比べて虫歯の発生を抑制するものではなく、他の糖アルコールでも抑制されます。

キシリトールは有酸素下における酸産生実験においては、確かに酸を産生しませんが、実際のお口の中と同じ嫌気的条件下では、他の糖アルコールと同様にわずかではありますが酸を産生します。しかしその酸性度はpH6.7程度のものであり、キシリトールは他の糖アルコールの中でも一番pHが高いのです。

キシリトールには他の糖アルコールと同じように虫歯の発生を抑制することはできますが、原因菌のひとつであるミュータンス連鎖球菌を殺菌することはできません。



次に、タイムですが、これは甘いものを食べてから、もしくは普通の食事をしてからの時間という意味です。一般的には、細菌が糖分から酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまうほどの強さ(pH5.5付近で臨界pHという)になるまでの時間は、食後2分くらいといわれています。
下の左の図はそれぞれ0.1%、0.5%、1.0%、5.0%濃度の砂糖液で洗口した時の歯垢(プラーク)pHの変化を調べたものなのですが、砂糖液の濃度に応じて臨界pH(横の点線)以上に回復するまでの時間が異なっているのがお分かり頂けるかと思います。

砂糖液洗口によるpHの変化.png
すなわち食べた糖分が濃ければ濃いほど、なかなか歯垢pHが上昇できないために虫歯になりやすいということになるわけです。
また右の図はpHとエナメル質の溶解度の関係を表したものですが、pH5.5付近になると急激に溶解度が高くなっていることがお分かり頂けるかと思うのですが、このpHのことを臨界pH(歯が溶け始める酸性度)といいます。





食事とpHの関係.png

左上の図は一日の食生活において歯垢pHがどの様に変化しているのかを表したものなのですが、一日三回の食事だけの場合には、食後必ず臨界pH以下に歯垢pHが低下するため一時的に歯の表面が溶解(脱灰)するのですが、その後すぐに唾液などの緩衝作用によって歯垢pHが上昇し、歯の表面にカルシウムやリンが再沈着(再石化)する修復期間が発生します。

しかし左下の図のように間食として甘いものを頻繁に食べているような場合には、歯垢pHが常に上がらずに脱灰ばかりを受けてしまい、修復する時間(再石灰化の時間)が非常に少なくなってしまい虫歯になってしまうリスクが極めて高くなってしまうのです。

実際に4つのあめを食べるにあたって、4つを一度に食べてしまうのと、一個づつ4回に分けて食べるのとでは、明らかに分けて食べた方が虫歯になりやすくなってしまうのです。



5歳児における間食の回数とう蝕との関連.png
左の図はWeiss,Trithartらの研究で5歳児の1日の間食回数と虫歯の数の関係を表したものなのですが、間食回数が増えると虫歯の数も増えていくことがお分かりになって頂けるかと思います。
したがって、おやつなどを食べる際にも、時間を決めずにだらだらと食べるような“だらだら食い”という食べ方をしていると、非常に虫歯になりやすくなってしまうのです。

実際に行われた虫歯発生に関する研究によっても、虫歯を発生させてしまう一番大きな要因は、細菌でもなければ砂糖でもなく、砂糖を摂取する頻度であるという報告すらされているのです。
すなわち、虫歯というのは酸によって歯の表面から溶け出さされているリン酸カルシウムの量と、唾液から供給され歯に再沈着するリン酸カルシウムの量とのバランス(脱灰と再石灰化のバランス)が崩れた時に発生してくるのです。
1日3回の食事だけの場合と、おやつなどを間食として頻繁に摂っている場合では、明らかに後者において脱灰時間が多くなるために虫歯になりやすくなってしまうのです。



以上のことを十分に踏まえていただければ、虫歯になりにくくなるわけですが、「こんなに神経質に考えないといけないのかしら」と思われる方や、「俺は歯磨きなんか適当にしかしたことないけど、今まで虫歯になんかなったことないぞ」というようなことをいわれる方もいることでしょう。

実際に、このようなお話をなさる方は本当に存在しますし、確かに歯磨きも適当にしかしていないのでしょう。それでも虫歯に本当になっていないというのは、どうしてなのでしょうか。

実はこのようなことをいわれる方というのは、普段から日本茶などの抗齲蝕作用をもった飲み物をよく飲まれている他、甘いものや間食を基本的にとらず、小魚やひじきなどのカルシウムを多く含んだ硬い食品を好んでよく食べているため、よく噛んで食べるという虫歯予防に適した食生活習慣ができあがっているのです。
その結果、食事中の唾液の分泌が普通の人よりも活発になり、唾液による再石灰化や緩衝能がよりスムースに働くようになるため虫歯が発生してこなかったということが考えられるのです。すなわち、ある意味特殊な食習慣の存在があったために虫歯にならなかっただけという可能性が非常に高いのです。

このように、ある条件が整えさえすれば、確かに虫歯になってしまうこともないでしょう。しかし、これは非常に稀な例であり、すべての人に当てはまるということではありませんし、西洋化された食生活をされている現代人の大部分の人には、むしろ当てはまらないといったほうが妥当なことなのではないでしょうか。

このように普段から日本茶をよく飲み、食事にしても硬いものを良く噛んで唾液をたくさん出しながら食べているのと、カレーやハンバーグなどのあまり噛まなくても食べられてしまうようなものを多く食べているのとでは、当然食物のもつ自浄作用や唾液の緩衝能による虫歯の抑制効果にも違いがでてくるわけですが、このように考えると、西洋化された食習慣が決して悪いわけではないのですが、日本人が昔から続けてきた食文化というのは、非常に健康的で理にかなったものであるということがあらためて理解できますね。

また、誤解をして頂きたくないのですが、絶対に甘いものを食べてはいけないというわけでは決してないのです。むしろ甘いものは幼児の脳の発達や、情緒の安定、味覚の発達といった側面からみても絶対に必要なものでありますので、摂取の仕方を考えるということがとても大切なのです。

先程のデータにおいてもお分かりのように、“歯垢中のpH”が低下することにより虫歯が発生するわけですから“だらだら食い”をやめて時間を決めて食べ、なるべく歯の表面に歯垢(プラーク)が停滞してしまわないように、きちんとしたプラークコントロールを行うということが極めて重要になるわけです。
したがって、これからはご自分が甘い物を食べるときや、お子さんにおやつを与えるような場合においても、このようなことを十分に理解した上で摂取していただけると良いと思います。


虫歯菌がお母さんから赤ちゃんへ感染する?
その通りなんです。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は、ほとんど無菌状態なのですが、おもに母親のお口から伝播するかたちで2~3歳までにお口の中の細菌の生態系が完成するといわれております。
ストレプトコッカスミュータンスの足場となる歯が萌出するまでの間は特に影響がないといわれていますが、歯の萌出する生後6力月以降は注意した方がよいそうです。

しかし、虫歯菌の感染を起こさせないようにするためには、赤ちゃんに対して家族がいっさい接触をしてはならないのです。赤ちゃんが使うスプーンなどは、一緒に洗わないとか、別のタオルで拭く、同じ食器を使わないなどといった注意が必要となります。もちろん、お母様が噛み砕いたものを赤ちゃんに与えるとか、赤ちゃんにキッスをするなどということも以ての外ですし、食事の時に使っているスプーンをなめたりするということも絶対にしてはいけません。

実際、こうまでして虫歯菌が感染するのを避けられますか?
赤ちゃんが少し大きくなれば何でもお口に入れるようになりますので、ご家族の使ったスプーンやお菓子の食べ残しなども平気で口に入れるようになってしまいます。また、幼稚園にでも入れば他のお子さんが使ったコップで水やジュースを飲んだりもします。感染の機会はいたるところに存在しているのです。

そういった状況から考えてみても、お子さんのお口の中にずっと虫歯菌が存在しないということの方が不自然なことであり、難しいことだと思うのです。
ましてや、生まれたばかりの赤ちゃんとお母さまが、このようなことだけのために思うようにコミュニケーションがとれないとしたなら、それは親子の関係としてさびしすぎるような気もするのですが、みなさんはどのように思われますか。

これからは本当の歯科的健康を獲得する上でも、予防について真剣に考え、真剣に取り組んでいただけることが本当に大切なのです。私は皆さんが少しでも早くこのようなことに気づいていただけることを願って止みませんし、本当に大切なことが何なのかを一刻も早く発見できるように応援したいと思います。